探検隊ツヨイネの日常










小説トップ
八章 子孫と仲間と暗黒物質
70話 vsダークマター 《あんまり強くない第一形態》
俺達は一気に階段を駆け上がり頂上へ辿り着く。
「来たな…英雄の血を引くものとその仲間よ」
低く嗄れた声が辺りに響く。
「ダークマターってゲームと同じ形なんだな…」
俺が呟くとルカリオとブースター兄ちゃんが頷いた。形は球形をしていて所々穴が空いていてコアが見える。
「さあ、かかってくるがいい。虫けらのように足掻きそして悶え死ね!」
「言われなくても!」
俺は先手必勝と言わんばかりに素早く動き《アイアンブレード》で攻撃する。
「オラッ!」
ガキン!と弾かれるが表面を多少削った。
「《列空踵落とし》!」
続けてミミロップの得意技がダークマターの頂点に直撃し、巨大なひびを作る。
「これでどうだ!はっけい!」
ルカリオの技がひびに炸裂する。
びしびし…と周りを覆っていた物が砕け、コアが姿を現す。
「あたいが決める!」
チラチーノがコアめがけてスイープビンタを撃つ。
「死ねえ!」
ダークマターの声が轟きコアから黒く太い槍のような棘が飛び出しチラチーノの胸に突き刺さる。
「嘘…やろ?」
そのままチラチーノはコアに呑み込まれた。
「活きのいいポケモンは旨いな…次は誰が食われに来る?」
「メンバーの恨みは私がはらす!」
「母さん頑張れ!」
ジャローダの見た目からは想像もつかないようなスピードでダークマターに接近する。リーフストームで牽制しようと撃つがそこにはダークマターはいなかった。
「な!?」
「ジャローダ!上だ!」
師匠の時同様に俺の叫びは虚しく届かなかった。
バクン、と呑み込まれたジャローダを追いかけてツタージャがダークマターに挑みに行った。
「母さんを返せー!」
不格好な動作で技を繰り出す。小さな女の子の突然の攻撃に驚いたのかコアに命中した。
「うぐああ!」
初めて目に見えたダメージを与える。
「糞ガキがあ…消えろ!」
「危ない!」
エルが飛び出しツタージャを押し倒す。コアから解き放たれた槍がエルを貫く。
「エル!」
エーフィ姉ちゃんが叫ぶ。だがエルは相変わらずピンピンしている。
「何!?何故だ!何故生きている!」
「いやあ、僕運が良いのかなあ?もう一回やってみなよ、次は当たるかもよ?」
「エル!お前何言ってんだ!」
「大丈夫だよ。ブースター。僕はこんなところで死ぬつもりは更々無いから」
ドス!っと再びエルに槍が刺さる。
「あれえ?当たんないなあ?」
「くそっ!クソッ!何故死なん!?とっとと死ねえー!」
何度も何度も槍が刺さるがエルが怪我するようすは微塵もない。
「悪いけどね…僕は空間の使い手何だ」
「成る程。そういうことか」
俺達は(アリシアを除き)納得した。
「そろそろ終わりにしようダークマター」
「五月蝿い!消えろ!キエロォォォ!」
コアの放った渾身の一突きもエルの空間操作によってかわされた。
「消えるのはお前だ!《シャイニングブロー》!」
エルの右手が純白の軌跡を引きながらコアに命中する。
「ギィャアアアアアア!!!!!」
耳をつんざく悲鳴。至近距離で聞いていたエルが心配になる。
「耳、大丈夫か?」
「音も空間をねじ曲げれば大丈夫みたい」
「それ、多分時間操作よりも強いぞ」
「そーかなー?」
エルは少し照れる。
「ねえ…ここからの景色、綺麗じゃない?」
急ににエーフィ姉ちゃんが言うから俺達は吃驚した。
しかしよく見てみると確かに綺麗だ。世界を一望できる。
「お、学校だ」
ブースター兄ちゃんが俺達の学校を指差す。
「最近学校行ってないな」
ルカリオが何かを心配したように言う。
「おーおー、優等生のルカリオ君は成績が心配でございますか」
エルがニヤリと笑う。
「そ、そんなんじゃ………」
「? どうしたんだ?」

「いや、一瞬声が聞こえた気がして…」
「幻聴?」
「そんな呑気に話してていいのか?」
後ろからダークマターの声が聞こえる。
「なっ!?てめえ!まだ生きてやがったか!」
ブースター兄ちゃんが構える。
「先程お前はゲームと形状が同じだと言っただろう。ゲームには第二形態があったのをお忘れかね?」
「そうだった…」
兄ちゃんが顔を手でパシンと軽く叩く。 
「まあ、いいや。さっさと終わらせようぜ!」
「ふん…どこまでも生意気なガキどもだ…」


■筆者メッセージ
―ツヨイネ雑談たいむ―
作者「今日はジャローダとチラチーノが死んでしまいました」
ジャローダ「この回の題名に《あんまり強くない》って書いたよねぇ?」
作者「うん!本当にそうだったじゃん!」
チラチーノ「ウチら死んだんやけど」
ジャローダ「私食われた」
チラチーノ「ウチは刺し殺された」
作者「いやあ…うん。ごめんなさい」
チラチーノ「お前謝って済む思ってんか?」
作者「はい、まあ…」
チラチーノ「はい、じゃないねん!こげな可愛い乙女殺しておいて…」
作者「ぶふっ!(笑)」
チラチーノ「笑ってんじゃねー!スイープビンタ!」
作者「痛だだだだだ!!!」
ジャローダ「お、落ち着きな!」
チラチーノ「ふん!」
作者「毎度毎度、理不尽な暴力を受けてるよ…」
だんご3 ( 2016/07/20(水) 00:02 )