探検隊ツヨイネの日常










小説トップ
番外編
番外編2,続七夕
作者「おうい!ゾロアーク!」
ゾロアーク「何?」
作者「願い事を」
ゾロアーク「んー、オリ技が欲しい。カッコいいやつ」
作者「か、考えておきます」
ゾロアーク「よろしくぅ」
作者「えー、サーナイト」
サーナイト「イーブイが欲しい」
作者「皆そればっかりなのか?」
サーナイト「欲しいって言っても下僕としてよ」
作者「え?げ、下僕?」
サーナイト「そ、下僕」
作者「な、何故?」
サーナイト「テレビのリモコンやら飲み物やらを取りに行かせる」
作者「あんた、エスパータイプだろ?」
サーナイト「物を動かすの疲れるんのよ」
作者「ふーん…一生無理だろうね」
サーナイト「どうかしら?」
作者「ま、頑張りーや。では、ミミロップ!」
ミミロップ「やほー」
作者「ども」
ミミロップ「イーブイが欲しい!」
作者「二匹連続で!?」
ミミロップ「イーブイをメカにするの!」
作者「無理だろ」
ミミロップ「出来るよ!細胞を少しずつ機械に変えて…」
作者「だぁ〜もういい!生々しい話しはやめい!」
ミミロップ「作者も改造しようか?」
作者「え、遠慮します。次は…ツタージャ!」
ツタージャ「僕は男になりたいな」
作者「なんで?」
ツタージャ「だってさ、僕、女なのに一人称が『僕』だよ。だから、男になりたいなあって」
作者「色々、苦労してんだなあ」
ツタージャ「それにうまくいけばクチートと付き合えるかも」
作者「クチートが好きなの?」
ツタージャ「うん。何て言うか一緒にいるうちに、ね」
作者「そうか、陰で応援してるよ」
ツタージャ「ありがと」
作者「ラストはクチート」
クチート「強くなりたい」
作者「どーして?」
クチート「そしたらイーブイみたいに皆を守れるじゃないか」
作者「んー、皆と一緒に修行すれば?」
クチート「頼んでみようかな」
















作者「これで皆言ったね」
一同『うん』
???「ふあ〜…おはよ…七夕の話してるから来ちゃった…」
イーブイ「誰だよ」
???「僕ぅ?僕はジラーチだよぉ」
ブラッキー「なにしに来たんだい?」
ジラーチ「誰かの願いを叶えに来たの」
作者「誰かの?一人だけ?」
ジラーチ「うん」
作者「誰に…」
一同『俺だ!/いや!私よ!/僕だ!/俺じゃあー!/私が!』
作者「落ち着けい!!」
イーブイ「んだよ、ボコボコにされたいか?」
作者「いや、別に」
リーフィア「作者の願い事を叶えさせてあげたら?」
クチート「それはそれで面白そうね」
ルカリオ「いんじゃない?」
一同『作者の願い事!』
ジラーチ「わかったよ。君だね」
作者「ぼ、僕?」
ブースター「作者も♂だからな」
サンダース「エロい願いでもすんじゃね?」
作者「何言ってんだよ。おいブースター、♂じゃなくて男って言え!」
グレイシア「で?どうするの?」
ロコン「彼女が欲しいとか?」
アブソル「ハーレムを体験したいとか?」
作者「違いますぅー。んー…はっ!頭を良くしてほしい!」
エル「真面目か!(バシィッ」
作者「いでえ!わかったよ変えるよ…世界征服?」
エーフィ「確かに願い事っぽいけど流石になあ…」
作者「どうだジラーチ!世界征服だ!」
ジラーチ「ZZZ……」
一同『え?』
シャワーズ「寝てるわ」
作者「願い事は叶わない?」
ニンフィア「そういうことだね」
作者「てめーのせいだエル!あのまま言ってりゃ天才になれたのに(泣)」

イーブイ「ドンマイ!」

作者「wg.gjgmw.gtgam.adg!!!??!?!??」

イーブイ「発狂乙ww」

■筆者メッセージ
初めての番外編書き終えました。
いかがでした?
ギャグセンスが無いうえに同じ展開が何度も出てお恥ずかしいかぎりです。
また、本編に戻りますのでどうぞよろしくお願いします。
だんご3 ( 2016/07/08(金) 23:16 )