探検隊ツヨイネの日常










小説トップ
三章 伝説への挑戦
35話 ルカリオ・サーナイトvsディアルガパルキア
―始まる前にお知らせ―
今回はルカリオを主人公とします。では!本編をお楽しみくださいな!













「あんた達から先がシンオウ4伝説ね?」
グレイシアが質問をする。
「いかにも。俺達がシンオウ4伝説だ」
パルキアが答える。
「えーっと、まだ戦ってないのは?」
イーブイの質問に対して僕は手をあげる。
「僕、僕!」
「私達もよ」
サーナイトがエーフィとロコンを指差して言った。
「じゃあ今回は…うーん、師匠とルカリオに任せようかなあ…」
「ほんと!?やっとだあ!」
僕は子供のようにはしゃいでいたらしい。全員の冷たい視線が僕に突き刺さる。サーナイトはいつも通り平然を保っているが微かに緊張している。
「お前らでいいのだな?」
「もちろん!」
僕がワクワクしながら答える。先頭開始直後サーナイトがいきなりムーンフォースを放つ。パルキアは亜空切断で切り裂く。爆風で周りが見えなくなるが僕にはそんなこと関係ない。波動で場所を察知し竜の波動を撃ち込む。パルキアは爆風で前が見えずに顔面で受ける。
ディアルガは波動弾を僕に向かってとばす。僕も波動弾で応戦する。タイプ一致ではないがかなりの威力がある。一瞬でも気を抜けば押し負けてしまうだろう。サーナイトが僕の波動弾にサイコキネシスで加勢してくれる。
「ぐ…おおおおお!!」
ディアルガは更に力を込める。だがサイコキネシスが加わった波動弾には及ばなかった。波動弾はディアルガの胸にある宝石に当たった。タイプ以外の弱点だったらしく悲痛の叫び声をあげる。
「お前らは私を怒らせた!私の怒りをその身に受けろ!」
ディアルガは大地の力やラスターカノン、オマケに竜の波動を乱射してくる。僕とサーナイトとパルキアは避けまくった。時折頬や腕などを掠めるが大したことはなかった。避け続けるうちに壁まで追い詰められた。前からは竜の波動右からはラスターカノン更に左からは波動弾が迫ってくる。
「クソッ!《波動散弾》!」
波動散弾とは波動弾を三つに分けて撃つ技だ。だけど分散させるから威力は落ちるけどね。
三つの弾は全ての技に命中する。だが竜の波動だけ消しきれずにダメージを受ける。ディアルガは冷凍ビームを撃つ準備をする。パルキアがディアルガを止めてくれなければ今頃僕は死んでいただろう。
「おい!ディアルガ!俺まで殺す気か!?」
「ん…ああ、すまない。私は宝石に攻撃されるとキレてしまうんだ。それと同時に弱点でもある」
「ふーん…そうなんだ…」
僕は神速でディアルガの正面に移動し本気のはっけいを宝石に叩き込む。痛さにディアルガがのたうち回るが宝石に手を置いたまま波動弾を放つ。ディアルガは苦痛の声で叫ぶ。最後に僕はインファイトで止めを指す。ビシビシッと音がして宝石に亀裂が入る。少し触っただけで割れてしまいそうだ。そう思っていた時、運の悪いことにディアルガは倒れた。
ズズンという衝撃で宝石は砕け散った。
「うっ、あっ、えっと、死んじゃった?」
僕は戸惑いながら聞く。
「あ〜あ。またやっちまったか。」
「また?前にもあったの?」
サーナイトが瞬時に質問を投げ掛ける。
「ああ。20年位前かな。そこのお前の親父が来てな。まあ見事にフルボッコにされちまったのよ。ははははは!!!」
「ちょっと待て。俺の父ちゃんが来たって?」
イーブイが戦いの時のような目付きになる。これは多分怒っている。なぜ親の話題が出て怒るのかはさっぱり分からなかった。
「ああ、彼女っぽい奴連れてきたぜ?」
「間違いない母さんだ。」
ブラッキーが悲しそうな顔をする。
「お前らがあいつの息子、娘k…グガッ!」
パルキアの頭にムーンフォースが当たる。パルキアは頭を押さえる。
「てめえ!喋ってる時に攻撃しやがって!女だろうと容赦しねえぞ!」
「そうね。じゃあ私からも一つ言わせてもらうわ。伝説だからって容赦しないわよ。あっ、後もう一つ。上に気を付けた方がいいわよ。あら、二つだったわね」
「上?」
パルキアが上を見上げて気づいた時にはもう遅かった。隕石のような速度で突っ込んでくる僕に驚き即座に対応できない。
「喰らえ!《列空踵落とし》!」
僕の踵がパルキアの頭に入り鈍い音を立てる。そしてドサリとその場に崩れ落ちた。
「快勝、快勝!」
僕はニコニコしながら皆の方に帰って行ったがブイズ家全員が深刻な表情を浮かべていた。
「ど、どうしたの?」
「ん?いや何でもないよ」
エーフィがいつもの冷静沈着な表情に戻った。
「さあ!早く次の階に行こう!」
イーブイは元気よく言った。だがイーブイはなんだかちょっと無理してるように見える。僕は不安を胸に皆についていった。

■筆者メッセージ
ちょびーっとだけイーブイの親について出しましたね。まあもう少し先で親についてでるかなあ…4しょu…

おっとこれ以上はネタバレだあ!ではブイズの親の話しは楽しみにしておいてください。
だんご3 ( 2016/05/23(月) 01:35 )