探検隊ツヨイネの日常










小説トップ
二章 記憶の欠片
13話 夏休みの始まり!そしてイーブイの災難
明日から夏休みが始まる。
先週の疾風の星騎士のボスが話しかけてきた事などすでに頭の中になく、俺達は夏休みの計画をたてていた。
「ブラッキーはどこに行きたいの?」
エルが楽しそうに聞く。
「海とプールに夏祭りかな!」
いつもあまり笑わないブラッキーも顔がにやけている。
「おーい!先生来たぞー!」
誰かの発した一言で全員が急いで席に着いた。
「えー、皆さん明日から夏休みですね!ほんと羨ましいですねー…先生なんて夏休みの間も仕事ですよ。」
学校始まって初めて先生のテンションが下がった。
「はあ、皆さん…夏休みは先生の分まで楽しんで来て下さいねー…はい、ではさよーならー…」
こうして俺達はグダグダなまま下校する事になった。
「明日はどこ行く?」
ブラッキーが小石を蹴りなが俺達に聞く。
「いきなり海行っちゃう!?」
ロコンがいつもの数倍はしゃいでいる。
「あのなあ、夏休みは遊んでばっかってわけにはいかないぞ。依頼をやって金稼がなくちゃ生活してけないよ。」
「おー!イーブイがまともなこと言った!」
ルカリオは感心している。
「夏休みの間遊ぶのは……」
後頭部に激痛を感じ俺はその場に倒れた。
「あれ?イーブイどうしたの?……どうしよう!イーブイが目を開けない!」
「嘘でしょ!?とにかく急いで家に帰らなくちゃ!ルカリオ!担いで!」
「任せて!」
…………………………………………………………………………………………………
「ん…ううっ」
頭痛い。
ここはどこだ?
「あっ!起きた!イーブイが起きた!」
誰かの声が家中に響き渡る。
「イーブイ大丈夫?」
白い毛の少女が僕を見下ろす。
「最近イーブイは気絶することが多い気がする。」
ツンツンした黄色い毛の男が言う。
「あのすいません…イーブイって誰ですか?あとここはどこでしょうか?それと僕は一体誰ですか?」
「またまたぁ!冗談は止めなよイーブイ!」
長い耳を持った女性が言う。
「いやこれは嘘じゃない。マジの記憶喪失だ。一人称が『俺』から『僕』に変わってる。それと敬語を使ってる。」
おでこに黄色いわっかのある少年が言う。
「もう!なんだよこの地の文!くどすぎるわ!完璧尺取りだと思われてるよ!ここからは僕が説明する!」
「エル、メタいよ。」
グレイシアが冷たい目で僕を見る。
「メタくてすいませんでした!記憶を戻す方法なんかない?」
僕は皆を見回しなから聞く。
「電気ショックは?」
不意にリーフィアが言った。
「ほら、ショック療法とかあるでしょ。」
「流石リーフィアだ!」
ブースターが誉めまくる。
「えへへー。それほどでも…あるかな!」
「おいシスコン、それぐらいにしとけ。」
サンダースが止める。
「兄貴もだろ。俺のこと言ねえよ。」
ブースターが反論する。
「兄さんもシスコンだもんね〜!」
ニンフイアがブラッキーに寄りかかりながら言う。
「なっ!違っ!僕を兄さん達と一緒にしないでよ!」
ブラッキーも慌てて反論する。
「ブラッキー。何かを言われて慌てるのはそれが図星ってことなのよ。」
シャワーズが読んでた本から目を離して言った。
「ねえ!シスコンの話しはいいからイーブイの話しをしようよ!サンダース!電気ショック!」
「ん?ああそうだったな。そりゃ!電気ショック!」
サンダースはイーブイを抱えながら放電し始めた。
「ぎゃああああああー!!!」
イーブイは黒焦げになってベッドに戻された。
「どう?なんか思い出した?」
サーナイトが心配そうに聞く。
「特に何も…あっ!でもあの二匹なら思い出しましたよ!」
そう言ってツタージャとクチートを指差す。
「何で私達?」
クチートが首を傾げる。
「きっと君達の記憶はまだ新しいからさっきの刺激で思い出したんじゃないかなあ?」
ゾロアークが仮説を立てる。
「まあ、昔の事を沢山話してればいつかは記憶も戻るだろ。」
「うん!そうだね!」

ということでイーブイに昔にあった事を話すことにした。

■筆者メッセージ
―ツヨイネ雑談たいむ―
※これからもちょくちょく雑談を書いてきたいと思います!
あと小説内ではつけませんが「←鍵かっこの前にキャラ名を入れていきます!

サンダース「おいエル!地の文のところ何で呼び捨てに変わってんだ?」
グレ&ブー&シャ「そーだそーだ!」
エル「ああ、あれ?あれは11話でイーブイがクチート達に敬語使わなくていいって言ったしエーフィも『さん』をつけなくていいって言ったから、これをきに全員に『さん』をつける事を止めます!」
グレイシア「まあ、いいんじゃないの?」
ブースター「気にする程の事でもないしな。」
シャ「そうね。呼び捨てでいいわよ。」
エル「サンキュー!」
サンダース「何かムカつくな…」
作者「次回から本格的に記憶編がよ始まるよ!よろしくね!」
全員「なんでお前が締めくくるんだよ!?」
だんご3 ( 2016/04/12(火) 23:59 )