探検隊ツヨイネの日常










小説トップ
一章 中学校生活の始まり
10話 アブソルをかけた戦い
今日の授業は全て終わり、下校の時間。
俺達はいつもどうりに校門から出ようとしたら、目の前が真っ暗になった。
………………………………………………………………………………………………………
「っ、うーん…どこだここ?」
俺は辺りを見ながら呟いた。
近くにはルカリオとブラッキーとエルとロコンそれとアブソル…がいないっ!?
「みんな起きろ!!アブソルがいない!」
「んうー、まだ眠いよ〜…」
ロコンは寝返りをうってまた寝始めた。
「おい、アイアンテールで吹き飛ばされたいか?」
そう言ったら、のそのそと起き始めた。
「でぇ?どしたのぉ〜…」と大口を開けて欠伸しながらエルが言った。
「アブソルがいないんだよ!」
「先に帰ったんじゃない?」
ルカリオが呑気に言った。
「と、とりあえず家にかえろう。」
家に着き家の中を見回した。
しかしアブソルの姿はどこにもない。
近くにサンダース兄ちゃんがいたから師匠の居場所を聞いた。
「兄ちゃん師匠の居場所知らない?」
「サーナイトなら自分の部屋にいるよ。」
俺はダッシュで師匠の部屋に向かった。
部屋のドアをおもいっきり開け「師匠!」と叫んだ。
「何よ。」
「アブソルを探してくれ!」
「…いいけど、高くつくわよ。」
師匠はいつになくニコニコしていた。
「えっ?金とるの?」
エルがマジでって顔をした。
「師匠〜、エルが後で何でもするからさ〜。無料でお願い。」
「なっ、何で僕が!?」
エルは嫌そうな顔した。
「いいか、エル。師匠からエーフィ姉ちゃんについていろいろ聞けばいいじゃん。な?」
俺はエルに提案したが、OKしてくれるかどうかだ。
「……分かった。何でもするよ。」
エルは決心したかのように言った。
師匠は目をつぶった。「うーん……はあっ!」
パチッと目を開け分かった!って顔をした。
「アブソルはどこ?」
ロコンが急かす。
「んーとねえ…最近さ、廃工場ができたじゃん。あそこにアブソルと…もう一匹いたわ。早く行かないと取り返しのつかないことになりそうよ。」
「師匠ありがと!」
俺は勢いよくドアを開け廃工場へ向かった。
イーブイ達が来るまで今までの説明をアブソルに頼もう。
「はーい!任せて〜!囚われの身だけどまだまだ元気なアブソルだよ!メタっぽい気もするけど気にしないでね!」
「何独り言を言ってるのお?」
黒いフードを被った男が聞いた、だが私は無視した。
「簡単に説明すると、話しは校門から始まるの。」

時はさかのぼり、校門前。
「今日帰ったらなにする?」
ルカリオが皆に聞いた。
「うーん、修行かな。エルと一緒に。」
「あのさあ、修行ばっかしてて楽しい?」
ロコンが質問する。
「てか、ぼ…くも…」
ドサッっという音を立ててエルはその場に倒れた。
そしてイーブイ、ブラッキー、ルカリオ最後にロコンが倒れた。
私だけを残して。
私がみんなに近づこうとしたら、誰かに後ろから金縛りをかけられ動けなくなり、ここに連れてこられた。
「ふふふ、ぶつぶつ言ってる君もかわいいねえ。じゃあお楽しみの時間だよぉ。」「き、きもいから来ないで!」
恐怖ですくんだ足を無理矢理動かし逃げたが、金縛りでまた捕まった。
「アブソルたんのファーストキスの相手は僕だねえ。」
黒いフードを取り謎に包まれた顔が明らかになる。
正体はスリーパーだった。
私の口とスリーパーの口があと少しでくっついてしまうところで、ガッシャーン!という大きな音がしてイーブイ達がきた。
ここで話しはイーブイに戻る。
「だっ、誰だお前達は!?」
「ヒーローは遅れてくるもんだって知らないか?」
「イーブイ、今はカッコつけてる場合じゃないよ。」
ロコンが突っ込みをいれる。
「まあまあ、大丈夫だって。ルカリオ!準備オッケー?」
「もちろんだよ!」
「う、動くな!こっちには、人質がいるんだぞ!」
「ええ?人質?どこにいるのんだい?」
俺は馬鹿にしながら聞いた。
「アブソルたんがここに…ってあれ!?」
驚くスリーパーはこっちを睨み付けた。
「アブソルはルカリオの神速で連れてきてもらったんだよ。」
この会話に一度も出ていないブラッキーが説明する。
「くそお!僕のアブソルたんを返せえ!!」
スリーパーは叫びながら突進してくる。
「誰が僕のアブソルだ!アブソルは俺のチームのメンバーだあっ!!」
俺は右手に力をためてスリーパーの顔めがけて叩きつけた。
スリーパーは「ぐわあああああ!!!」と叫びながら、天井の窓を突き破って空の彼方に消えた。
「イーブイ!」アブソルは俺に抱きついた。
アブソルを慰めてやらなきゃな。
最強と吟われるチームメンバーでも体も心もまだ13歳だから精神はまだまだ子供。
「よく我慢できたなアブソル。偉いぞ。じゃ、みんな帰ろっか。」
こうして、アブソルのファーストキスは守られたのでした。

■筆者メッセージ
9、10話書いているときだんだんスリーパーがキモくなってきて気持ち悪くなりました。
ですが、9話を書いたのだから10話も書かなくてはと思い気力と根性で書き上げました。
また、更新が遅れるかもしれませんが次回も楽しみにしていてください。
だんご3 ( 2016/03/29(火) 17:05 )