ようこそ、喫茶シルベへ









小説トップ
ティータイム 4th time-風-
29杯目 人見知り龍はいずこ

 つばさが外へ出ると。
 喫茶シルベの前で、すばると炎の鬣を持つ馬の姿があった。
 馬がつばさの姿に気付けば、静かに歩み寄って。
 その鼻面をつばさの頬へと押し付ける。
 これは彼女なりの挨拶なのだ。
 直にあたる鼻息が荒く、あたたかい。

「ほたるちゃん、久しぶり」

 つばさが彼女の首筋を撫でれば。
 ぶるる、といななく、馬ことギャロップ。
 彼女は、すばるの旅において欠かせない存在。
 長距離を移動することもあるすばるの旅にとって、彼女の脚はとても助かっているのだ。
 ギャロップの炎の鬣に触れても。
 不思議と熱さは感じることもなく、火傷を負うこともない。
 不思議なものだな、とつばさは常々思う。
 と、腕の中の茶イーブイが、ギャロップを見上げていることに気付いた。
 大きく見開かれた彼の瞳が、きらきらと輝いているようにも感じた。
 もしかしたら、このギャロップの鬣に魅せられているのかもしれない。

「カフェ、ほたるちゃんに乗せてもらう?」

 そう問いかけると。
 彼の身体が、ぴくりと少し跳ねた。

―――え……でも……

 ちらりちらりと。
 つばさとギャロップを交互に見て。
 それから最後に。
 伺うような視線をすばるに向けた。
 どこか遠慮気味なその視線。
 ギャロップはつばさのポケモンではない。
 すばるのポケモンなのだ。
 つばさの言う通り、本当にいいのだろうか。

「カフェが乗りてーならいいぞ。な、ほたる?」

 すばるが隣のギャロップに問えば。
 もちろんっ、とでも言うような。
 ぶるるっ、という元気な声が返ってくる。

「おいで、カフェ」

 すばるが茶イーブイへ手を伸ばす。
 それに一瞬、びくりと驚いた茶イーブイだったが。
 ちらっとつばさを見上げ、つばさが一つ頷けば。
 すばるの方へ、おずおずと前足を伸ばした。

「よいしょっ」

 茶イーブイの前足が届く寸前。
 彼はふわりと浮き上がった感覚に包まれた。
 すばるが抱き上げたのだ。
 自分を支えてくれる腕の強さ。
 そこに、つばさとは違った力の強さを感じた。
 つばさよりも力強くて、つばさよりも太い腕。
 けれども。
 つばさと同じ、あたたかな感じ。
 この人もつばさと同じなんだ。
 そう思ったら、こわいというものも吹き飛んだ。

―――すばるおにいちゃんっ!

 にへっと笑う茶イーブイに。
 突然、名を呼ばれたすばるは一瞬驚いたが、すぐに。

「おう、何だ?」

 と、笑って返した。
 すばるはそのまま茶イーブイをギャロップの頭部へ、ちょこんと乗せてやる。
 落ちてしまわないようにと、ひしっとしがみつく茶イーブイ。
 けれども。
 いつもと違う高さの目線に、彼は瞳を輝かせる。

―――すごおおーいっ!

 そんな感嘆な声に。

「だろ?」

 と得意気なすばるの声。
 そんな彼らにつばさの頬が緩む。
 緩んでから、はたと気付く。
 自分にとっては当たり前過ぎて気付かなかったそれ。
 なぜ、彼にそれが聴こえているのだろうか。

「ねえ、ちょっとすばる?」

 疑問を含んだつばさの声に、すばるは振り向く。

「んー?」

「カフェの声、聴こえてるの?」

「声って、思念の声か?」

「そう、あんたが呼び始めたその声」

 思念の声とは、すばるが呼び始めた呼び名だ。
 つばさとりん。すばるとふう。
 それぞれは奥底の深いところで結び付いている。
 そしてそれは、りんとふうが持つ特性、シンクロに大きく影響を及ぼす。
 互いの真相心理に深く干渉するそれは、互いの意志を交わすことを可能とする。
 だから、つばさ達はりん達と会話のようなことが出来るのだ。
 それを、すばるは”思念の声“と呼び始めた。

「まあ、聴こえてるな」

 肩をすくめて答えるすばるに、つばさは怪訝な顔をした。

「何で、すばるにも聴こえてるの」

 つばさがりん達を除く、ラテ、カフェ、イチの声を聴くことが出来る理由。
 それは、りんの特性シンクロの影響力があるから。
 通常のシンクロは、シンクロを持つ者とその結び付きが強いパートナーのみ。
 だが、りんの場合。
 これは彼の血筋にも関係しているのだが、彼の血筋は念の力を濃く受け継ぐ血筋のようで。
 さらに、彼は月のような存在。
 月は太陽の輝きを得て、己が輝くもの。
 りんにとっての太陽はふう。
 そしてまた、りんとふうの結び付きも強いもの。
 生まれもった彼女の強すぎる念の力は、その結び付きを通して彼に流れ込む。
 流れ込んだ力は、念の力を濃く受け継いだ彼にもよく馴染んだのだ。
 それが、通常よりも広範囲でシンクロが作用している要因。
 別段、つばさがラテ達の言葉を解しているわけでも、その逆でもない。
 りんと結び付きが強い者同士が彼を通じて、シンクロのような作用を受けているに過ぎない。
 だからつばさは、ラテ達の声はりんほどはっきりと鮮明に聴くことは出来ていない。
 それでも、互いにコミュニケーションを取るには十分過ぎるほどには、聴こえている。
 そうであるはずなのに。
 なぜ、すばるにも声が聴こえているのか。
 それが解せなかった。

「それは、ふうがエスパータイプでりんが悪タイプだから、かな?」

「…………ああ。念、か」

 すばるの言葉で、何となく閃いた気がする。

「そ、念だな。ま、これは俺の見解だけど……」

 そう前置きをして、すばるは言葉を続けた。
 要するに。
 ふうはエスパータイプ。
 そのため、念のコントロールも用意なのだ。
 一方のりんは悪タイプ。
 エスパータイプの技を扱う分には十分。だが、念のコントロールとなれば、それは不得手なのだ。
 だから、りんのシンクロ効果は駄々漏れで。
 それに加え、通常よりも強い力を秘めた念の影響を直に受けている。広範囲に、その影響が及んでしまっているのはそのためだ。

「だから、ふうは念の力を抑えてつつ、それを扱ってんだ」

「じゃあ、ふうちゃんはわざわざ、すばるとカフェ達が、意思を交わすことが出来るようにしてくれてるってこと?」

「ん、そーいうことだな」

「ほうっ」

 つばさの呟きは、思わずもれた感嘆の息だった。

「ふうの生まれもった力が強いおかげだな」

 何度も言っているが、特性のシンクロは、その特性の持主と結び付きのあるパートナーのみに影響を与える。
 りんの場合は、ふうから受ける念の影響で、シンクロ効果を広範囲に及ばせている。
 そしてふうの場合は、エスパータイプ特有の念の力で、結び付きのあるパートナー、すばる以外の人との意思と交わすことを可能としている。
 これが、つばさとふうが意思を交わすことが出来ている理由。
 さらに応用することによって、本来は意思を交わすことが出来ないはずの、すばるとカフェ達が出来ている理由になっている。

「つまり、ふうちゃんがすごいってことね」

 目頭を押さえながらつばさが呟く。
 ここまでくるともう、訳がわからなくなりそうだ。
 というか、訳がわからない。理解が追い付いていない。

「ま、みんな不自由なくコミュニケーション取れてるってことで」

 すばるが苦笑する。
 つまり細かいことは気にしなくて。

「いいんじゃねーか」

 と言ってから、すばるがつばさへ手を差し出した。
 突如のことに、なに、とつばさは困惑顔。

「あるばとイチ探し、行くぞ」

 にひっと笑うすばる。

「え、まさか、乗馬……?」

「そっ」

 掴んだつばさの手を引いて、すばるは彼女をギャロップの鞍へ先導する。
 つばさはおそるおそる足場へと足を置き、思いきって踏み込んだ。
 すると、ふわりと腰を持ち上げられ、気が付いたら鞍に股がっていた。

「あ、乗れた」

 乗馬などの経験がないつばさは、難なく乗れたことに呆気にとられる。

「だろ?」

 というすばるの声は、すぐ後ろから聞こえて。
 振り向けば、つばさの後ろへ乗り込んだ彼がいた。

「今のほたるは、二人乗りも平気だかんな」

 すばるの言葉に反応したように、ギャロップがいなないた。

「んじゃ、頼むな。ほたる」

 すばるが手綱を一つ振れば、ぶるるとギャロップが鳴く。
 かっかっ、と石畳に蹄を打ち付ける音を響かせながら、彼女は駆け始めた。



   *



 蹄の音を聞いたとき。脳裏に。
 栗色の髪と桔梗色の瞳を持つ、あの青年の顔が浮かんだ。
 それだけで、自分を苛つかせる彼の顔。
 だから、自分は彼が嫌いだ。
 でも、つばさが彼のことを想っているのを知っている。
 それが気に入らない。
 つばさが彼のことを想っているとかは関係がない。
 自分が大好きなつばさが想っている相手なのだから。
 嫌いになることなんて出来ない。
 でも、自分は彼が嫌いだ。
 つばさに想われているのに、それに応えるような素振りをみせない彼が嫌いだ。
 だから、彼の顔なんて見たくなかった。
 それであの時。
 彼の友達であるギャロップの蹄の音を聞いた時。
 気付けば、呼びかけるつばさの声を無視して飛び立っていた。
 それを、今更ながらに後悔する。

―――うう、ごめんなさい……つばさちゃん……

 ファイアローから発せられた声音は。
 今にも地に落ちてしまいそうな程に弱々しかった。
 ばさりと一つ羽ばたき、飛翔を続けていた。

―――それに、お野菜持ってきたままだし……

 嘴で咥えたままのバッグ。
 その中には、つばさ達と八百屋で買い込んだ野菜がある。

―――ごめんなさい、つばさちゃーんっ!!

 瞳を潤ませながらの謝罪の言葉。
 それを落としながらの急旋回。
 方向は喫茶シルベ。
 早く戻って謝らなければならない。
 つばさの言葉を無視してしまったこと。
 野菜を持ち逃げしてしまったこと。
 急げ急げと急かす気持ちが、羽ばたきをより力強いものにする。
 羽ばたき一つ、速度を上げた。
 その時だ。
 ファイアローの視界の端で、何かが引っかかった。
 一瞬それを捨て置いて過ぎ去ろうと思った。
 けれども、何かがそれをやめるようにと胸中で説いた。
 だから、過ぎてからまたもや急旋回。
 くるりと方向を変えて、街の大通りへ向かう。
 街の大通り、その中間に位置する街の大広場に、どしりと構える一本の巨木。
 街で暮らす人々の憩いの広場ともなるそこに構える巨木は。
 今は街の華として飾り付けられている。
 そうだ、祭りが近かったな、と。
 その巨木の幹へと降り立ったファイアローは思い出す。
 春を告げる、春告げ祭り。
 そのため、巨木を飾る装飾は、春を意識したものばかりだ。
 春らしい色合いの淡い赤、青、黄などの電飾。
 そして、金と銀の丸型オーナメント。
 それらが巨木を何巡もしている。
 ただ。ファイアローが巨木を見上げる。
 その視線の先は、巨木の先端に向けられていて。
 そこで鎮座するのは、今も電飾と一緒にちかちかと輝く一番星。
 巨木の先端に星。
 それは、イベント違いではないだろうか。
 一瞬脳裏に、雪化粧をした巨木のてっぺん。そこで輝く星が浮かぶ。
 まあ、いいか。
 そう片付けて、彼は視線を戻した。

―――ねえ、そこで何してるの?

 声をかけてみた。
 視線の先に在ったのは、明らかに祭りのための装飾ではないそれ。
 幹に垂れかかる青い胴長に、首もとと尾には蒼の珠を飾る。
 一番目を惹き付けるのは、まるで翼のような純白の両耳。
 それが、ぱたぱたと動いた。
 ぱちっと音が聞こえそうな程に勢いよく持ち上がったまぶたから、すぐに潤み出した瞳を見つけた。
 ようやく出会えた見知った顔に、ハクリューはようやく安堵できたのだ。
 にゅっと動き出すと、胴長のそれをファイアローの身体へ一巡させて。
 きゅっきゅっと小さな声をもらしながら、自身の頬と彼のそれを擦り合わせた。
 それだけで、何となく彼は察した。

―――えっと。とりあえず帰ろうか、あるばちゃん

 そんな彼の言葉に、彼女は確かに頷いた。

■筆者メッセージ
三週間近く振りの更新です。
作中にて本作におけるシンクロ設定の解説を入れたつもりですか、難しいですね。その、まあ、要するに、便利だねってことで!!汗
ばす ( 2018/09/05(水) 20:49 )