ようこそ、喫茶シルベへ
  • ティータイム 1st time-苦味-

  • 今日も紡がれる彼らの日常。
    のんびり過ごす彼らでも、そこに抱えるとあるもの。
    苦味に顔をしかめても、ほんのり甘さで笑顔になる。