小説詳細/あらすじ/目次

ニンゲン不思議のダンジョン

筆者 : 48095 / 種別 : 中編 (ページ容量 : 144.4KB)
投稿日 : 2013/09/18(水) 23:12 / 更新日 : 2018/11/10(土) 21:40
  • あらすじ

  •  ポケモン不思議のダンジョンの作品が多いようなので、タイトルだけそれらしくしてみました。
     ポケダンとはまったく関係のない短篇集です。

    『庭の雑草』〜『囚われの姫』
     3000字程度。そこそこ読みやすい量です。

    『A4ポケノベ』
     1000字程度。用紙一枚くらいの量です。

    『ビジネスマンとペロッパフ』〜『アロマなおねえさんとマリル』
     500字×4話。いつの間にか終わる量です。


    ━━━━━━おすすめの三篇━━━━━━
     迷ったときはとりあえずこのあたりからどうぞ。

    『すごいキズぐすり』(A4ポケノベ)
     フリマアプリで売られていたのは、ある意味ですごいキズぐすりだった。

    『フワンテ』(庭の雑草)
     次々といなくなる子供たち。行方不明になった子供たちは皆、評判が悪かったという。
     そんな「悪い子」たちを連れ去っていたのは――

    『ンだよてめぇきんぴらごぼうにすっぞゴルァ』(ゆかいな町々)
     いったい、何がしたかったのだろう。我々も、牛蒡も。
     嵐のようにやってきて、そして去っていった牛蒡の話。