感想メッセージ
▼投稿フォーム開閉
マインドショック! を読んだ感想
投稿者:早蕨 2021/04/15(木) 22:12
[表示]
[03]
投稿者:花鳥風月 2021/04/18(日) 16:16
早蕨さん!
お時間割いていただきありがとうございます!
企画版からトータルして3度目の世界になりますが、どれも目を通していただいて感謝するばかりです。

>元からイースターの話ってありましたっけ? ケイジュ先生周りとか、その他もりもり足されていますね。それとも元々あった構想なんですかね?

イースターという名前は今回が初出なのですが、プラズマ団を絡める構想はありました。ケイジュ先生もそこいらに関連させることは今回の世界で新たに立てました。
かなり複雑化してしまったように思えますが、せっかくイッシュを舞台にしているのだから、と思いもりもり足した次第です。

>マインドショックした事が、ポケモン演劇部に収まらない形で色んなところに波及しそうですね。最新話手前くらいまでは青春部活ものだったのに、いや、いまでもそうなんでしょうが、たまごとか、プラズマ団も絡んでくることでかなりきな臭い雰囲気になってきました。

仰られる通り、最初のChapter3までは「マドカちゃんとライムくんってどんな子?」というのを全面に押し出しながら青春部活モノ路線で通していました。最後までその路線で走ろうとも思っていたのですが、学校から少し離れた場所でいろんな人の思惑が交錯し、今回で混ざり合ったという状況です。
様々な要素が登場し、様々な思いを抱かれる方も多いと思いますが、すべてはマドカちゃんとライムくんのマインドショックに繋がっていくこと、本作の本筋部分は変えないということはぶれないように今後も物語を続けていきたいところです。

>このお話を読んでいると、昔なんとなくぼやっと見たことのある少女系のアニメや漫画を思い出すんですよね。なんのアニメかって言われても具体的にこれっていうものはないんですが、昔の少女系アニメや漫画って、こういう雰囲気だったかなあ。
>ミルモとか、普段は日常回やっていてもある時突然ストーリーの本筋に触れてくる系のアニメだった気がしていて、そんな印象を抱いています。

まさか早蕨さんからミルモって単語が出てくると思わなかったのでめちゃくちゃビックリしました(笑)。
実はこのマインドショック、最も影響を受けているのがミルモなんです。マドカちゃんのビジュアルとか、ライムくんの性格とか。
人間と人外のコンビ、多種多様な話、ちょいと挟まれる変身要素などなど、思い返せば好きなものがいっぱい詰まっていたんですよね。

>プレイヤ学園の学園祭大賞を取る、というところがゴールになる訳でもなさそうですね。プラズマ団の残党組織まで絡んでくると、学園祭そのものが終わった後、また新しいストーリーが作られていくような気がしています。
>ケイジュ先生が出すシリアス空気がポケモン演劇部に及ぼす影響、というのがどういうものなのか。学園祭が無事に終わったところでドーンとシリアス展開へ突き落され、ライム君の不幸体質ここに極まれり! みたいな展開は辛い! どうなるんでしょう。
>やはり学園祭までの日にちがない、と言っているこの状況で、ミノリちゃんやケイジュ先生、イースター関係まで全て回収するのは難しそうですので、突然の転落展開が待っているんですかね……辛いね!!!

マインドショックという作品を作者として大きな視点で考えた時、この作品にとってのゴールは学園祭で大きな賞を取って廃部を阻止することか、と言われたらそうじゃないと思っています。
同時に、イースターのやっていることが今後マドカちゃんやライムくん達にどんな影響を及ぼすかによっても、この物語の方向性が決まるとも思っています。
今わたしから言えることと言えば、何も起こらないということはない予定です^^
もちろんライムくんの身に降りかかる出来事に関しても、同じことが言えます! 不幸体質という設定を付けた意味、そこからライムくんがどんな行動を取っていくのか、というのもこの作品に問われていることだと思っています。

>エモオオオオオ! って後何回言うんでしょう。明るい雰囲気を常に損なわないお話だと思っているので、単にエグい形でエモオオオオオオ! とならないといいんですが、ももりまさん的にはなったほうが良い(????)、はず。

企画版からずっと定着している「エモオオオオオオオ!」。ギャグ調のシーンでばかり使っていますが、これが断末魔にならないことを作者としては祈っています。本当です!決してひどい目に遭っている時の断末魔にしたいだなんて、そんなこと……!

>キャラとしてはケイジュ先生が好きですね。ヒミツカコイイ。裏のあるキャラって魅力的ですね。ミノリちゃんとの関係性も何となく分かってきて、どういった経緯で特別となったのか、その辺のお話が楽しみです。ケイジュ先生が自ら身分を明かすのか、誰かに見抜かれるのかはわかりませんが、どっちなんだろうなあ。その辺、好み分かれそうですねえ。どっちもワクワクするので、期待しちゃいます。

ありがとうございます!
自分の作品はキャラが非常に多いという人によっては苦手意識を持たれる部分があるので、主役以外のキャラに着目していただけるのはすごく嬉しいです!
ケイジュ先生もまた、誰かのために行動しているという点ではマドカちゃん達とさして変わらないキャラクターだと思っています。ですが、そのために誰かの犠牲を払ってもいいのだろうかと思うと、そうじゃないんですよね。
彼の今後の動きや、気持ちの変化も丁寧に書いていけたらと思っています。

>まだまだ続きそうですのでなんとも言えないですが、入れ替わったこと自体に深い意味がありそうなのがすごく良いと思います。装置ではなく、タイトルになってるくらいだからきちんと意味を持たせた展開、好きです。

しょうみな話、企画版は入れ替わりはきっかけでしかなかったように感じたので今回の連載版ではそのあたりのルーツも少しずつ書いていけたらと思っております!

お時間割いていただいて本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします!
[04]

マインドショック! を読んだ感想
投稿者:蓬莱玉枝(ion) 評価:感動した! 2020/11/18(水) 16:04
>Film3-2
ストーンエッジで瞑想を乱すところなど、
全体的にバトルへの想像力が安定して凄かったです。
原作寄りのバトルの方について、書かせるとこんなに想像が広がるバトルなさるんだ…と思いました。さすが幼い時からお書きなさっていたベテラン。
あとこの数話だけでコウジ会長への好感度がシビルドン登り(うなぎ登り)でした。属性でか盛り線細ショタ善人惹き付けられない訳がなかった。
あとライムさんのあぐら。

読むまでユタカさんの性別勘違いしててガチで笑いました。どっちにしろすきです。

いずれにせよ、ここまでありがとうございました!
[01]
投稿者:花鳥風月 2020/11/20(金) 12:40
お時間割いていただき、ありがとうございます!
バトルシーン、実は大の苦手だったのですがこの話を機に少し苦手意識を克服することができた気がします。
主役のマドカちゃんとライムくん以外の子にも目を向けていただけて、嬉しい限りです。特にコウジくんは、何度もテコ入れを繰り返して自分でもお気に入りのキャラになりました。
あぐら……いいですよね(
ユタカ先輩はたしかにビジュアル的にも男とも女とも、どっちとも捉えられる気がしてきました笑

こちらこそ本当にありがとうございました!!
[02]

  • 1
No: Pass:
小説に戻る