感想メッセージ
▼投稿フォーム開閉
デリバードからのプレゼント > デリバードからのプレゼント > 16 僕は忘れていた を読んだ感想
投稿者:氷飴 評価:良かった。 2013/05/16(木) 09:21
 僕もポケモン二次創作小説を作っている者のはしくれとして、常々疑問に思っている事があります。どうして彼等は無性に冒険したがるのだろう。少なくても僕はこの物語の主人公の頃、冒険なんてしようと思わなかった。だからポケモンを一匹持って自らの住む家を捨てて旅立つ少年の理由が今ひとつ分からない。無論僕だって小説を書き始めた頃は、僕の作品の主人公は何の理由もなしに冒険を始めていたし、もしかしたら今もそうかもしれません。
 何故こういう事を書いたのかというと、この作品にはそんな僕の些細な疑問を吹き飛ばしてしまう力がある作品だと思ったからです。勿論読んでいる途中にはそういう疑問を感じました。でも、ポケモンの世界なんてみんなそうなのかな。と読んでいて思いました。みんなチャンピオンに憧れて、あるいは大好きなポケモンと天下を取る事を夢に旅に出る。実際の所は夢は途中で叶えられなくなってしまうけれど、どこかこれからの人生で旅での経験が生きているんだろうな。ってこの物語の主人公をみていたら思いました。
 あんまり安易な感想は良くないのかもしれませんが、第二段落のたった一文から早蕨さんのこの作品への渾身の気持ちが伝わってきました。僕も一度で良いから作品にかける思いという物を読者に伝えてみたいです。
 一つ残念だったのは、表題にある"僕は忘れていた"対象であるぬいぐるみの扱いでしょうか。確かに旅に出る前の描写があるのですが、表現が弱すぎていきなり出てきた感覚がどうしても拭いきれませんでした。確かに秘密基地にある様々な玩具の中で特別にスポットを当てる事は後の展開を予想させてしまいますし、かといって様々な物への思い出を作っていては物語自体が冗長になってしまうのは分かるので、難しい部分だと思います。でも、そこを描写する事が出来たら僕はもっと主人公の悔恨を感じる事が出来たのかなあ。と思います。
 とても読みやすい作品で、気がつくと読み終えていました。良かったです。素敵な作品有り難うございました。
[06]

デリバードからのプレゼント を読んだ感想
投稿者:早蕨 2012/02/18(土) 14:38
感想ありがとうございました……! いつの間にかこんなにも時間が過ぎてました。言い訳も何もありませんごめんなさい。

 期待! なんていうものをあんまりかけてもらった覚えのない僕がこういうものを書くのもどうかなあ、なんてことも考えたんですが、いや実は僕だって少しくらい期待をかけてもらったことがあるかもしれない! と思うと、自然とこんな風になりました。
 重圧なんて、きっと皆受けています。そんなことをいちいち人に話したりすることもないでしょう。この主人公のように感じていても黙っていることがほとんどだと思います。
 だからこそ勘違いだということに気付かない。今回の場合だとそれが自惚れというところまで行ってしまう。
 しょうがないことなんだろうけど、僕達が同じ状況におかれた場合どうすればいいのだろう、と考えたとき、この場合は敗北ということがそれに繋がるのだろうと思いました。
 今回はバッドエンドは僕の中で最初からありませんでした。最初からあの展開だけは決まっていたので。

いや本当遅くなりすぎてごめんなさいとしか言えないです読んでいただきありがとうございます……!

 
 

  

[04]

デリバードからのプレゼント を読んだ感想
投稿者:でりでり 2011/11/07(月) 13:46
☆いつかきっと 感想
 本当にコラッタラッタ辺り好きだねw
 とにかく読後感がすごくすっきりしていて、めちゃくちゃ面白かったです。序盤から割りと重く始まったので、鬱ENDを覚悟してたんですが、いやあもう超気持ちいい!
 ヨシノというチョイスが効いてますね。トオルのバックグラウンドもしっかりしてて、「僕」視点なのにトオルの心情が如実に現れていたのが流石だなと思います。
 彼やそのポケモン達が受ける重圧、焦りがひしひしと伝わって来て、どうにかしてやってくれとほとんど願うように読んでました。なんとかなって安心!
 この胸の締め付けられるような展開から、開放的な爽やかさへの流れは何度読んでも飽きないです。
 キャラクターみんなみんなに、決して出番は多いとは言えなくとも皆が皆深い背景と、味があって読んでて心地好かったです。
 それに加えて丁寧で綿密で、それでいてしつこさのないまさにベストと呼ぶにふさわしい心理描写が話の輪郭をよりはっきりさせ、深みのあるものにしてくれてました。なるほど、勉強になります。
 早蕨くんのこのスレの短編の中では今のところ一番好きです。読み終わったとき、これは感想書かないと罰が下りると思いました(笑)
 今後のトオルの活躍が、非常に気になる。無事にリベンジは果たせたかなぁ。面白い作品読ませて頂き感謝!
 嘯くの方も更新楽しみにしてます。
[03]

デリバードからのプレゼント を読んだ感想
投稿者:早蕨 2011/10/27(木) 16:28
うわあごめんなさいもうごめんなさいとしか言えません。返そう返そうと思ってたらこんなに遅れました(土下座

この書き方でもう何個か書きたいなあ、というのが書きあげたときの正直な気持ちでした。二者の独白や一人称で物語を書いていくという書き方はとても書きやすいというか、書いてて楽しいです。
 今回はこういうマイナス方向な話となっていますが、この書き方でプラス方向への話も書ければなあと思ってます。ハッピーエンドを書くのが苦手というか、書き慣れていないので、いつか書ければいいな、と。
 不気味で不思議なハッピーエンド、そんなものが書きたい10月27日です本当にごめんなさい><

ありがとうございました。

[02]

デリバードからのプレゼント を読んだ感想
投稿者:わたぬけ 2011/07/23(土) 00:26
「進化」感想

主要人物たちの独白もしくは一人称の形式で物語が進んで、いきなり切迫した状況をリザードンへ訴える書き出しで物語へ一気に引きこまれたような感じがします。
謎の組織によって強引に進化させられたリザードン、そして同じように進化させられそうになっているバルキー。このポケモンたちがどのような生い立ちを追ってきたのかは分かりませんが、バルキーのただひたすら進化したいと盲目的に願っていることを語る部分にはある種の不気味なリアルさを感じました。
バルキーとリザードン、どちらの語りも物語が佳境へ歩んでいくに従ってどんどん切ないものになっていって、状況もますます絶望的なものになっていく。
最後のリザードンパートとなるといつのまにか涙が出ていることに気づいて、正直小説読んで泣いたとかすっごく久しぶりでした。
結局最後はああなってしまいましたが、バルキーにとってこの出来事はその後に大きな影響を及ぼしたんだと分かりますし、なによりリザードンのキャラがほんと頼りがいがあってバルキーの言葉よろしくお兄さんみたいで、出来れば一緒に生き残って欲しかったと思えてなりません。

文章のボリュームも相変わらずの充実っぷりで、それでいて途中で少しも飽きること無く一気に読むことが出来ました。
まだ読めてない作品もいくつか残ってますので、また読み終わったら感想送らせていただこうと思います。
それでは稚拙な文章で失礼いたしましたが、今回はこのへんで。
[01]

  • 1
No: Pass:
小説に戻る