感想メッセージ
▼投稿フォーム開閉
月蝕 > 月蝕 > 27 3−2 を読んだ感想
投稿者:桜庭 評価:とても良かった! 2018/05/04(金) 17:07
読むのをやめどきがまるで分からない! 大庭です!
24 2-5
ドラゴンとお姫様っていい響き…。しかも異国ときた…。お姫様(男です!)かっこいいよぉ…(沼に沈む大庭)
店主のおじさん、ドンマイとしか言いようがないんですが、ごめんなさい私が代わりに代金を支払います。
>力のこもったミソラの言葉に、ハヤテはこくんと頷いた。
ミソラさんが考えた指示に頷くハヤテさん…頼りになるのにかわいい。野原とか草原と違って周りに人や家があるから戦いにくいのに頑張ってる!
というかああああ!! かっこいい! かっこいいよ! 助太刀に入るとかもう君はタケヒロくんと同じ戦隊ヒーローになるべきだよロッキィィィイイイイ!!!!
>ノクタスがてくてくと近づいてくるのが見える。
てくてく。てくてく。こんなにかわいい効果音なのに頼りになるギャップ、ね…。(親指を立て、炎の中に消える大庭)
レンジャーさんとタケヒロくんの関係も中々面白い…思春期の子供を相手するお茶目なお姉さん、みたいな感じがして、しゅき。

26 3-1
いやぁ、タケヒロくん。ミソラさんがミソラちゃんだったら初恋だったんだろうなぁ。いや、一目惚れはしてるから初恋なのかな?
タケヒロくんの言い分はものすごく分かる。
二ドリーナになったリナさん、懐いてよかったなぁ。ソーダ水って、こりゃまたココウの子供たち! って感じを表してる…。なんて言うんでしょうか、ココウにいる時のミソラさんとタケヒロくんの周りは暖かい…。

トウヤさんwwハヤテさん外に出たがってるから出してあげてw
無邪気なハヤテさんかわいい。ミソラさんの所に行きたいみたいにも思えました!
ハリさん体育座りしてたんだねwどうしよう嵐の前の静けさみたいにほのぼのしてる…。
ヴェルさんの「のしかかり」! 決まった!

あのトウヤさんを凍りつかせる人物、一体何ノなんだ…!

27 3-2
アヤノさぁん! お久しぶり、私のこと覚えてますか? 私も遠いジョウトに住んでたんですけど!
この何かを知ってるっていうのを漂わせておいて、あえて知らないよ、と言うような、掴み所のないのに、なぜか惹かれてしまう謎の人物…。
リューエルの方々、見方を変えれば変わってしまうタイプなんですね…ふむ…。
もし私がココウに住んでいたら間違いなく、リューエルは良い人達!って認識なんだろうなぁ。
タケヒロくぅん、男だねぇ。
そりゃそんなお姉さんいたら生唾飲むわよね、うわ、分かる。でもタケヒロくんはミソラさんだから!!
最後の最後にハヤテさんの入ったモンスターボールを指先で遊ぶトウヤさんと、中のハヤテさん、想像したらすごいかわいい。
(持て遊ぶトウヤさん)(中であわあわしてそうなハヤテさん)(かわいい…)
[58]
投稿者:とらと 2018/05/07(月) 16:55
・2−5
 急に異国情緒ww 言われてみればドラゴンと金髪碧眼の美少女ってスゲェ様になるかもしれませんね……(今更
 自由に暴れられる町の外の戦闘も楽しいですが、町中のバトルはハプニングやギミックを作りやすいので結構面白いです。青果店のあたりワチャワチャ感大好きです、こういうのが書きたい〜!!
 隙あらばロッキー!! このシーン書いたの私も凄く記憶にあるんですが、こんなに突然現れて突然去っていくものとは覚えておらず読み返して笑いましたwww 3章書くためにミソラとロッキーの関係をもう少し進めておきたかったんですよね。かっこいいけどあっという間に退場してますね……ww
>てくてく
 のそのその次はてくてく。ハリはいつでもかわいいんだよなあ……(自画自賛
 何気にタケヒロとレンジャーさんの初対面シーンでした(ミソラともですが)。怪我したところを年上のおねえさんに優しく手当してもらって、一発で恋に落ちてしまったようですね……
 2章もおつかれさまでした〜!! おーしゃんに触れてもらえるところが結構「ここなのか!」っていうところが多くて、私も返信しながら新鮮な驚きをたくさんいただいている所です。3章もありがとうございます!どんどん返信していきます!(どんどん)

・3−1
 「初」恋なのかどうかは分かりませんが、恋には落ちてたでしょうねえ……(ニヤニヤ)トウヤと一緒でタケヒロもあんまり同年代の女性と触れ合う機会がなかったのです……すぐ恋に落ちてしまうのです……
 ソーダ水、物語の中でもかなり頻出のアイテムでした。これといって重要な役割を果たす、というものではないのですが、彼らの「日常」を表すものとしては印象深いアイテムだったんじゃないかなあと思っているので、ココウの子供たち感を感じて頂けて僥倖です。
 こののしかかりのシーンもほのぼの日常感に溢れてて超好きなシーン!! もう本当におっしゃる通りに嵐の前の静けさみたいにほのぼのしてますね!! トウヤが情けないキャラになりはじめるのってこの辺からだと思うんですよね だいぶ現行のトウヤらしくなってきました、この辺りまで来ると作者も安心して読めるようになります。
 一体何ノさんなんだ……wwwwwめっちゃ笑いましたwwww

・3−2
 アヤノさん!! のちに出てくるイチジョウさんと含めて作者のお気に入りおじさんセットです!!アヤノさんは掴みどころのなさが魅力のかわいい系おじさんですね!
 お〜、この回でこんなにリューエルについて丁寧に説明していたんですね。知らなかった……(?)
 表向きは良い人たち、でも裏では、みたいな、原作ゲームで言うとエーテル財団みたいな雰囲気ですかね。悪いことをしようとして悪いことをしている人たちではないので、からきしの悪徳企業と言う団体ではありません。ただ立場が違うと、悪役に見えてしまったりもするという。
 ここのレンジャーさんめっちゃお喋りだな! 喋りが軽快でタケヒロだけでなく私も惚れました。最近のレンジャーさんはちょっと大人しすぎますね。最近のレンジャーさんにもトウヤにアホかとかヘタレがとか言って欲しさあります。
[70]

月蝕 > 月蝕 > 23 2−4 を読んだ感想
投稿者:桜庭 評価:感動した! 2018/05/04(金) 16:21
今更なんですが、この感想の書き方って大丈夫なんでしょうか?! 大庭です、こんにちは!
22 2-3
>ハヤテはミソラがお気に入りだ
この一言で私の中のハヤテさんが更に株を上げました。やっぱりお気に入りだったんだ! 好きだったんだ! あああ、良かった…。
ハヤテさんはミソラさんの為ならどんなに怖い事にだって立ち向かって行くんだ〜! ああ、なんて素敵な愛なんだ…。

タケヒロくんが文字通り身をもってミソラさんとその片耳のニドランを守ろうと逃したの、最の高。
タケヒロくんだって怖いんだろうに…二匹のポッポも頑張ってる! 大量のスピアーを目の前にしても逃げないなんてタケヒロくんの事を信頼してるんだろうなぁ…。君はヒーローだよタケヒロくん。

ハブネークから逃げ惑うミソラさんに手に汗握りながら読みました!
ミソラさんの背丈からいったらハブネークなんて巨大そのものですよね、よく走って逃げれたなぁ。やっぱり自分より弱い者がいると人は強くなれるんですね。
トウヤさんの一声でモンスターボールに収めたニドラン、早く元気になるといいなぁ。
ハヤテさん急いでレンジャーさんの元へ連れて行って!

23 2-4
はあああああ、見た? ねえ、見ました? ミソラさんが落ち着いて、きちんと、指示を出してる。すごい。成長早い。
スピードスターに慣れすぎて、むしろ自分からスピードスターを受け止めてしまうのではないかとドキドキしちゃう…。

>どうして手持ちのポケモンを怖がる必要があるのだろうか。
これってきっとミソラさんの心からの疑問なんだろうなぁ、手持ちのポケモンは友だち、友だちは怖がる存在ではない、みたいな定義があるんでしょうか??
生きている時間が違うトウヤさんとミソラさん。それでもトウヤさんは少しづつミソラさんを認めているのかな…?

>真っ直ぐ子供の背中へ突き刺さろうとした無数の星型弾は〜
ハヤテさんと息の合ったコンビネーションといいますか、信頼して走っているミソラさん…
>ハヤテはすぐにミソラと並走すると、すっと姿勢を下げた。ミソラはその背に飛び乗った。
ここ、二つ抜粋させてもらいましたがやばい鳥肌が止まらない! 早く乗って! って言ってるみたいだし、安心して頼って! とも言ってるみたい…
はあああ、とらさん…好き…。どうしてこうも全てのポケモンにストーリーを付けられるんですか! みんな大好き、月蝕大好き!
[57]
投稿者:とらと 2018/05/07(月) 16:20
・2−3
 いやしやしあらためて読み返すと2章も結構面白いですね……(自画自賛 
>ハヤテはミソラがお気に入りの件について
 トウヤが言っているようにミソラが懐かせる才能があるというのもそうなのでしょうが、ハヤテはやんちゃ盛りで賑やかで楽しいものが好き&その一方で普段は割に物静かなメンバー(トウヤ・ハリ・メグミ)に囲まれているので、ポケモン三匹の中では一番ミソラのことを面白がっているのだと思います。ですが、
>ヤテさんはミソラさんの為ならどんなに怖い事にだって立ち向かって行くんだ〜! ああ、なんて素敵な愛なんだ…。
 こ、ここまでかどうかはちょっと……wwまだ出会って間もないですからね。なりたての友達くらいだと思います。
 タケヒロ〜!!
読者の私「ですよね、タケヒロ、戦った経験も無いのにミソラを庇って兄貴分ぶろうとしてかっこいいですよね!!」
作者の私「元はと言えばタケヒロが勝手に捕まえに行こうなんて言わなけりゃこんなことにはならなかったんだよなあ……(無慈悲」
 ポッポ達にとってはタケヒロは家族そのものです。置いて逃げることはできないし、タケヒロのことを守ってあげなきゃっていう気持ちなんだと思います。
 ハブネークのシーンも懐かしいなあ〜!! ミソラを助けたあとのトウヤとハヤテのやりとりがすっごいかわいくてお気に入りですwww

・2−4
 成長著しいミソラ!!やはり子供の吸収の速さです。トウヤの真似をするように指示を出すことができるようになっていますね。ミソラにとってはスピードスターは受け止めるもの……(ニコニコ
>手持ちのポケモンは友だち、友だちは怖がる存在ではない、みたいな定義があるんでしょうか??
 仰る通りです。こちらを敵とみなして襲ってくる意思疎通のできない野生ポケモンはともかく、意思疎通出来てこっちに好意があるはずの手持ちポケモンを怖がる必要がある、ということが理解できないようですね。これはミソラの感覚が変と言うより、月蝕のポケモン観がシビアという話ですので、読者のポケモンに対するイメージはミソラの感覚の方が近いかもしれません。
 挙げていただいた部分、あらためて読み返してみると、言葉の指示を介さずともしっかり意思を合わせていて、二人の信頼が窺える! 遊び相手としてだけではなく、一人のトレーナーとして、ハヤテもミソラの事を意識しはじめたのかな?と思います。
 ヴェヘヘ……ありがとうございます!! どうしても物語が人間メインになりがちなシナリオなんですが、ポケモンたちの個性もいっぱい見てもらえるような見せ場を作っていきたいなあと思います。
[69]

月蝕 > 月蝕 > 21 2−2 を読んだ感想
投稿者:桜庭 評価:とても良かった! 2018/05/04(金) 14:31
月蝕ってなんでこう早く続きを読みたくなるんでしょう?! 大庭です!
18 1-17
序盤からビスケット食べてるミソラさん可愛い! むしろ私がビスケット食べたくなった!
可愛いのにバトルに突入したら、身につけたポケモンの知識でハヤテさんを落ち着かせてるミソラさんに惚れた!
なんだかトウヤさんが段々ミソラさんと会話のキャッチボールをしてくれて嬉しい…。(今まではミソラさんが一方的に話していたイメージがありましたので)無理にでも付いてきてよかったね、ミソラさん!

20 2-1
ああー前回ミソラさんに言った「人に優しい子に向かって、運命は、それほど残酷な仕打ちは、しない」誰かから言われて、それを覚えていたんだなぁと思ったらお父さんから言われてたんだねえ…と初見で読んだ時に思いました。
がばちょ、と起きたらミソラさんのメモ。和むー! 「みそらより」って名前がひらがなで書いてあったりするの最高に可愛い。友だちとしてタケヒロくんをキチンと認識してるの最高に可愛い。
>ご褒美で
おわー! ミソラさんついにモンスターボール買ってもらったんだ! よかったね! 頑張った甲斐がありましたね! おめでとうおめでとう!
>ヴェルさんの水鉄砲
ここ泣きそうになった! いやうるうるしてる! 日頃からヴェルさんはミソラさんの面倒見たりトウヤさんの面倒見たりしてるけど、本当にこの子、いやこのお方できた方ですね…。老いた身体でも大事な人を守る…うわあああん! まさにポケモンとトレーナーの見えない絆!
ミソラさんのパートナーのポケモンはどの子になるんだろう!

21 2-1
はわあああ…グレンさん再登場! こんな町の連中に負けるわけないだろ、という自信満々な台詞、本当にグレンさんにピッタリですね!
一方的にボコボコにしてる所を見てみたかったですw
そしてそしてー! ミソラさんはニドランをパートナーとして迎えるのかな? ポッポのコンビすごい! 見事にフラグを建てちゃったタケヒロくんだけど、どうなっちゃうんだろう…!
>入ってくるなと言わんばかりに外へ外へと押し出して〜
ああああ、ヴェルさん本当にそうだね! グレンさんの言う通りのポケモンだね!
グレンさんはアレですね! 人もポケモンも、何かを的確に例えるというか、なんというか、それがお上手!! グレンさんが「お前はほんとに何々だな〜」って言えば周りの人全員が首を縦に振る!
そういう人になりたい!
トウヤさん早く二人の元に駆けつけて〜!
[56]
投稿者:とらと 2018/05/07(月) 15:34
・1−17
 1章おつかれさまでした!!!話数多いですね!!作者もびっくりです!!
 ミソラ、トウヤ共に、この小旅行の中で少しずつお互いを見せながら、ミソラは少し成長して、トウヤは少しミソラのことを好きになりはじめたかなという感じがします。こんなにぎこちなかったんだなあと今では懐かしささえありますね……あらためて、序盤を振り返る機会を与えてくださったおーしゃんに感謝!!
 2章もありがとうございます!!どんどん返信していきますよ〜!!(どんどん)

・2−1
 そうです、お父さんから言われてたんです。この台詞、そして後に続く「だから、この子は」まで含め、今もなおトウヤの人格を形成する一部分として根付いてるお父さんの姿です。なんか改めて見ると私ちゃんとそれなりに回収してるんやなと思ってびっくりします。
 ああ〜この手紙かわいい!!とってもかわいい!!ひらがななのかわいいですよね!!分かります!!ミソラは自分の名前にどんな漢字が当てられるんか実はまだ分かっていないようです!!
>ヴェル
 ヴェル……(;;)まだ元気に技を出したり外をついて回れたりした頃のヴェルの姿……いつまでも見ていたくなりますね(作者は俯いた

・2−2
 おお、なんと懐かしい……(感動)こんな話でしたね。思えば2章読み返すことってあんまりなかったな……
 グレンさん大活躍!!この頃から既にグレンを書くのが楽しくて仕方なかった記憶がありますww自信家で明るくて、意地っ張りなトウヤを軽くあしらうことのできる気の良い兄貴分キャラ……とても良い……
>グレンさんはアレですね! 人もポケモンも、何かを的確に例えるというか、なんというか、それがお上手!! グレンさんが「お前はほんとに何々だな〜」って言えば周りの人全員が首を縦に振る!
 おおおなるほど、一理あるかもしれません。やっぱコミュニケーションが上手な人っていうのはそういう話術にも長けているんでしょうね……!!
 タケヒロ、見事にフラグを立てるwwww思った通りの展開になりますよ!!ご期待ください!!(?
[68]

月蝕 > 月蝕 > 17 1−16 を読んだ感想
投稿者:桜庭 評価:感動した! 2018/05/04(金) 13:55
こんにちは大庭です! さっそく読みました!
14 1-13
ポケモンタイプ相性早見表、私も欲しい。炎は草に強いです。草は水に強いです。水は炎に強いです。くらいしか分からないからその早見表私も欲しい! いや、ミソラさんと勉強したい!
この回はものすごくほのぼのというか、のんびりとしたココウの空気が流れるお話でしたね!
タケヒロさん、うーんタケヒロくん? タケヒロくん! 良い子! ミソラさんも良い子! 喧嘩の後は仲直りが一番ですもんね!
最強の呪文まで教えてもらってもっと仲良くなってくれるといいなぁ。
それにしてもミソラさんとヴェルさんのコンビはいいなぁ。壁か床になって一人と一匹の間の空気を吸いたい大庭でした。

15 1-14
レンジャーさん! お久しぶりだ〜。「女の子」だもんね、私は女の子だと思うったら思う!
トウヤさんの女扱いに慣れてないといいますか、自分に正直といいますか、いつか痛い目を見るんじゃないかと思ってた読んでました!
ハヤテさん相変わらず可愛いなぁー! ハヤテさんはミソラさんとヴェルさんとタケヒロくんといる時は心底安心してたらいいな。少しは戦闘から離れても大丈夫な事を教えてあげたい! 可愛い!
>これまでの七日間が、立ち止まる余裕も持たないまま〜
あ〜ここは、この回は! 何故だか頭の中に強く残っていた月蝕シーン!
ミソラさんがトウヤさんを追いかけて行く所……なんでなのか分からないんですが、私の心を射止めたといいますか、記憶にめちゃくちゃ残ってるシーンです…。なんでだろう?! 好きだ…。

17 1-16
ミソラさんが「私をモンスターボールに入れてください」発言。天然っぽくて可愛らしいのですが、トウヤさんに対する発言だと、寄り添いたいとかそういう意味になるんですもんね。深い、深いですね…。
その後ミソラさんの「なんで」「なぜ」攻めは冗談でも天然でもなくて、自分の素直な気持ちなんだよな、って思うとほっこりするような、胸がキュンとするような…。
>グラエナとの遭遇
なのですが、ここも記憶に残ってました。グラエナという個体一匹なのにこんなに説明できるトウヤさんすごいわ!! 修羅場潜ってる!
私まで「なるほど、じゃあ私もヤンキーの集団に遭遇したらそうしよう。リーダーを狙おう」とか頷きながら読んでましたw
それにしてもメグミさんかっけえ……。
[55]
投稿者:とらと 2018/05/07(月) 15:14
・1−13
 おーしゃんはマイちゃんなのか!?笑 攻略本!攻略本の裏の方に多分載ってますよ!!
 ほのぼの日常回! ほのぼの日常回作者大好きです!! この回のシーンどれもほのぼので大好きだあ〜ミソラがトウヤより先にタケヒロと打ち解けてるのがまた、らしいなあと思います笑。子供ってすぐ喧嘩するし、すぐ仲直りするし、すぐ友達になりますよね。二人の子供っぽさが大好きです、まあタケヒロはちょっと年にしては子供っぽすぎたなあと思ってるんですが、友達がいなかったから……ご愛嬌と言うことで……笑
 壁か床にならなくても、挟まれてもらってもいいんですよ……♡

・1−14
>トウヤさんの女扱いに慣れてないといいますか、〜
 ほんとそれですwwwwちっとも慣れておりません!! トウヤは実はタケヒロ以上に思っていることをポロッと言っちゃう方なので……。いつか痛い目を見るでしょうね……ふふふ……いつかチリーンをぶん投げられたりするんでしょうねえ……いつかな……お楽しみに!!(
 ハヤテはバトルから離れた日常の中にいる時は安らいでいるとは思いますが、それ以上にトウヤと一緒にバトルをするのが好きで、怒られるのは嫌だけど強くなりたいという思いをしっかり持っている子でもあります。バトルの楽しさを感じられるポケモンなので、(怒られるのは嫌だけど)どんだけ怒られてもバトルに対してはいつも前向きでいると思う!
 うおおおありがとうございます……!!私もこのシーンは1章の中でも屈指のシーンだと思っております。拒絶されても一緒にいかなければならないという、現行最新話付近でも続くミソラの切実な執着が現れ始めたシーンですね。なんだか切ない。あとこの頃の私めっちゃ文章分かりやすいし上手だなって思いました……こんな風に書きたいなあ……(こなみ

・1−16
 人とポケモンの違い、境目というのがまだよく分かっていないミソラを象徴するようなセリフでした(私をモンスターボールに入れてください)。月蝕のトップページのあらすじ欄で毎章ひとことあらすじを入れているんですが、1章のひとことあらすじの中にはこの「私をモンスターボールに入れてください」という台詞が入っていました。なので、読者様にとっては1章を読み始める前から目に触れていた、月蝕そのものを象徴するはじまりの台詞でもあったんだと思います。「なぜ人間はボールに入らないのか」「人とポケモンは何が違うか」にうまく答えられないトウヤの姿含め、私もとても印象深いシーンです。
 グラエナシーン!! この戦闘を気に入ってくださる読者様が結構多い印象です! ポケモンの動物としての生態を活かしたシーンだったので私としてもよく書けてるなと思います。ポケモン生態マニアとしてのトウヤが輝いている!!笑
[67]

月蝕 > 月蝕 > 13 1−12 を読んだ感想
投稿者:桜庭 評価:とても良かった! 2018/05/04(金) 13:19
11 1-10
グレンさん来た〜! 待ってた待ってた、超絶待ってました。多分月蝕スキーの中でも私ほどグレンさんをまだかまだかと待っていた人物はいないでしょう…!
私思うんですよ、グレンさんって太陽から来た人なんじゃないかって。だって、グレンさんって誰か一人が会話から外れてたら自然と仲間に入れてくれて、その人当たりから何か言われても、グレンさんだもんな〜、で済みそうだもの! 職場に一人は欲しい! スムーズに仕事進む! うん!
トウヤさんに「おい、見てたぞさっきの試合」のシーンに「相変わらず」って言葉に、あー昔馴染みからなのかなぁ〜試合をよーく観察する人物なのかなぁ〜とか想像をできる台詞で好きです。
バトルシーンも読み手に分かりやすくて、読んでいる読書が、次はどう来るんだ?! とワクワクさせてくれて楽しく読めましたー!

12 1-11
あのあのあの月蝕を初めて読ませてもらった時に「お師匠様が、死んだりするもんか」って台詞、あーミソラさん健気だなぁ、良い子なんだなぁって思ってたんですが、例のシーンを読んだ後だとまさか…ミソラさんは別の意味を込めて死んだりするもんか、と言ったりしたのかな? と思うったら背筋が凍りました…! 読み返してよかった!
そしてバトル回〜! うあ〜ポケモンバトルしてる〜! この試合見に行きたかったやつ〜!
はああ〜すごい。バトルの内容ももちろん面白くて続きがどんどん気になるのですが! トウヤさんとグレンさんの試合前の会話がこれが男の会話か…! と本当に、実際に話しているみたいですごい、と思いました!!

13 1-12
どうしよう、私、トウヤさんからぐちぐちネチネチ言われたいかもしれない…。
ハヤテさん可愛いなぁ。見た目は怖い系というか強面なのに、しょぼんってするの可愛い。ミソラさんがそれを見かねて頭とか首のあたりをなでなでするのかと思ったら自分のお腹なでなでしてるから可愛いwあっーそっちなでなでしちゃうか〜って笑いました!w
かと思いきや。ハヤテさんのフォローに入るミソラさん。笑ってごめんなさい。あなたはかっこいい。
ですが現実の厳しさを知ってるトウヤさんから見たら甘えでしかないんですよね。大人って辛いなぁー! よしよししてあげたい。この二人と一匹よしよししたい!
ひょわあああ! タケヒロさん! 我らがタケヒロさんじゃないですか! 今までどこに行ってたんですか! あああ、そうでしたよ、そうでしたよ! この回でようやく名前が判明したんですよね。
わー懐かしい。そして「男なのかよ!」いただきました。実家のような安心感の台詞。ありがとうございます。
タケヒロさんは不器用なのか器用なのか、いや器用貧乏なのか? 思っている事を素直に口に出すからミソラさんも、ハヤテさんを叱るような一面を見た後でも助けてくれたから、って恩を感じて取っ組み合いの喧嘩をしたんですね。
ヴェルさん本当に良い仕事してる。さあ、トウヤさんは二人の喧嘩の勃発が自分だと理解したらどうなるのか! お楽しみに! 早く続きが読みたーい! (読みます)
[54]
投稿者:とらと 2018/05/07(月) 14:50
・1−10
 グレンきた〜!!! 月蝕は結構キャラがぶれぶれな子が多いですがグレンだけは初登場シーンからかなり安定感がありますね!!
 えへへグレンに対する過大評価ありがとうございます……(照)コミュ力低い月蝕メンバーの中ではとりわけコミュ強のグレンさんです。このシーンでも、他のモブたちはミソラに対してひそひそ言っているのに、グレンはまるで眼中になしというような素振りでトウヤと話し始めて、途中でミソラの特異な容姿を全然気にせずに話しかけている……うちのキャラとは思えないくらいとっても人が出来てるなって思いました……www
 台詞の端々から関係性を読み取っていただけて嬉しいです♡トウヤとグレンは昔から友達だったんです……今も昔も……そしてこれからも……ズッ友だよ(目を逸らしながら

・1−11
 うおおおおお、なるほど……!! 正直この台詞は9章以降の展開を見越して書いた台詞ではありませんでしたが、確かにそういう読み方もできますね。まだ何も知らないはずのミソラが無意識にそういう意味を込めていたとしたら怖い……おーしゃんは沢山面白い気付きを作者にくださる!!ありがとうございます!!
 この回のバトルはかなりお気に入り&先の展開でも何度か取り入れた部分なので、私としてもとても思い入れのあるシーンです。見に行きたかったなんて感想がいただけるとはwwwwそれほど楽しんでいただけたんだなと嬉しくなりますね!
 男の会話wwwww試合前の会話シーン、二人の間の空気感、信頼感、上下関係みたいなのが如実に表れていて私もとても好きです。特にトウヤがムキになってるところがとってもチャーミングでグッドですね!!

・1−12
>どうしよう、私、トウヤさんからぐちぐちネチネチ言われたいかもしれない…。
 えええええ……(困惑)読み返したら一言目から思いの外キツくて笑いました……wwよく主人公やってるなお前……。かわいいハヤテになんてことを言うんだ!!
 おなかなでなでほんとだwwwこんなん笑いますね!!ミソラはこの頃から大食漢のはらぺこキャラだったのか……。
 ポケモンを扱って戦ったことのないミソラには、トウヤが怒っている意味っていうのはまだ分かりづらいところだったんだと思います。ただ、最近(最新話付近という意味で)のトウヤが同じ状況でハヤテに同じように怒るかというとそうではなくて(多分ハヤテが助けてくれたという点を考慮してこういう言葉で叱れないだろうなとは思う)、そういう面では、ミソラとの共同生活の中でトウヤが感化されている部分はデカかったんだろうなと作者は少ししみじみしました。大人って辛いな〜!!
 タケヒロさん!!タケヒロさんじゃないか!! タケヒロは思ったことをすぐに口に出すタイプというよりはただのアホです(身も蓋もなさ)。タケヒロはなんというか友達が少ないのもあって、自分の視野っていうのがとっても狭いので、トウヤが嫌いという自分の感情にミソラも当然同調してくれるものと考えていたんですね。ミソラがどういう経緯でトウヤに拾われて、それがどういうことなのか、とかそういうことまで考えるだけの頭がないのです。これからの成長に期待です。
>さあ、トウヤさんは二人の喧嘩の勃発が自分だと理解したらどうなるのか!
 「どうしてそんなことに……」って思ってるだけ(思っただけ)っていうのがまた……(笑)
[66]

月蝕 > 月蝕 > 10 1−9 を読んだ感想
投稿者:桜庭 評価:感動した! 2018/05/02(水) 19:55
[表示]
[53]
投稿者:とらと 2018/05/07(月) 14:11
[表示]
[65]

月蝕 > 月蝕 > 07 1−6 を読んだ感想
投稿者:桜庭 評価:とても良かった! 2018/05/02(水) 19:30
[表示]
[51]
投稿者:とらと 2018/05/07(月) 13:45
[表示]
[64]

No: Pass:
小説に戻る